精神安定

生活習慣病対策にセサミン

生活習慣病は、日常生活における習慣が原因となってあらゆる引き起こす病気のことです。
たとえば、糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満などがあります。
また、ガン、脳卒中、心臓病は3大生活習慣病と呼ばれるもので、日本人の死因のうち60%程度がこれらの生活習慣病により亡くなっていると言います。
自覚症状がほとんどなく病気が進行しているケースも多く、気付かないうちに重度の症状に陥ってしまっていることもあります。
そのため、常日頃から注意しなければなりません。
普段から運動をしたり食生活に気を使ったりしている人であればそこまで問題ないかもしれませんが、仕事が忙しくて食事の栄養バランスも偏りがちな人は要注意です。
こうした恐ろしい生活習慣病の予防に良いと言われているのが、ゴマに含まれているセサミンです。

これはセサミンに、抗酸化作用や、コレステロール値を下げる役割、肝機能向上の効果などがあると言われているためです。
抗酸化作用とは、活性酸素を除去する働きのことですが、この作用により、体内が酸化してしまうのを防ぎます。
活性酸素はがんの原因にもなると言われていますから、体内に溜まり過ぎてしまった場合には除去した方が良いでしょう。
肝機能が低下すると、アルコールの分解がスムーズにいかず体に悪影響を及ぼすこともあります。
さらに肝機能低下により、肺がんや糖尿病、心不全などの発症リスクも高まると言われています。
また、セサミンには血圧を下げる効果も期待できるために、生活習慣病の一つである高血圧の予防にもなります。

このように、セサミンは体の中にさまざまな良い影響を与えてくれます。
では、その栄養分を効率的に摂取するためにはどうしたら良いのでしょうか。

じつは、ゴマから1日に必要なセサミンを摂取しようと思うと、なんと約3,000粒も摂取する必要があると言われています。
これでは、脂質の取り過ぎになってしまうため、かえって体に悪影響を与えかねません。
こうしたことから、効果的に栄養素を摂取できるサプリメントの活用が有効です。